「お疲れ様でした」「お先に失礼します」とっさに英語で言えますか?


7ico3uiq

 

お先に失礼します

お疲れ様でした

仕事環境でいつも使う言葉ですが、英語で何と言うかご存知ですか??

 

意外なことですが、これらの日本語にぴったりマッチする英語はありません。決まったフレーズがあるわけではないので、、なるべく失礼のないようにその場面に合った英語を選ぶ必要があります。

 

■ お先に失礼します

I’m going」や「I’m leaving」は職場で使うにはふさわしくない言い回しなのと、「怒っている/イライラしている」と感じ取られてしまうこともあるのであまり使わない方がいいでしょう。

 

Sorry but I need to leave now

すみません、そろそろ帰らないといけないので

 

I guess I’d better be going

そろそろ帰らないとな

 

上記の様な言い回しだと角が立たないので、上司の人が相手でも使うことができます。

 

 

■お疲れさまです

Bye」「Bye-bye」「Goodbye」などのフレーズは誰かと別れるときに良く使われていますが、言い方によっては「しばらくは会わない」「相手を突き放す表現」といった印象を相手に与えてしまいます。また、ビジネスシーンで使うにも少し砕けすぎている表現です。

 

I will see you tomorrow

じゃあまた明日

 

Have a good one

それではまた

 

ちなみにこの「One」の部分の単語を変えて、色々な意味を持たせることもできます。

 

Have a good trip!

良い旅を!

 

とっさの一言を知っておくと、ビジネスシーンでの評価も高くなります♪