救急車を呼ぶときに便利な英語フレーズ集


ambulance-1501264_960_720

 

海外に長期滞在していると、大小さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

今回は、救急車を呼ぶときに最低限覚えておきたい英語フレーズを紹介します!

 

■ 救急車の番号は…?

日本では「110」が警察、「119」が消防・救急と決まっていますが、海外の多くの国では警察・消防・緊急のどれに電話する場合でも共通の番号が使われています。まずは番号に電話をして、その後オペレーターに何があったのかを伝えていきます。

 

・アメリカ / カナダ ⇒ 911

・イギリス ⇒ 999

・ニュージーランド ⇒ 111

・ヨーロッパ圏 ⇒ 112

 

 

■ 基本的なフレーズ

I need an ambulance !

救急車を呼んでください!

 

What’s the problem?

どうしましたか?

 

My brother was hit by a car

弟が車にはねられてんです

 

How is he doing?

彼の様子はどうですか?

 

He is not responsive to my voice.

私の声に反応がないんです

 

I’m organizing the paramedics to help you now.

今救急隊員を手配しています

 

 

■ 覚えておきたい英単語

unconscious」(意識がない

Breathing」(呼吸

Cut opened」(切り開かれた

Collapse」(卒転する

Fracture」(骨折

~ is in pain」(~は痛みを感じている

 

===

 

救急車を呼ぶ場合、救急隊員が現場に到着するまでの間、電話越しに蘇生や応急手当の指示をしてくれる場合があります。オペレーターの言葉を聞き逃さないように注意しましょう。

 

 

日本ワーキングホリデー協会

KOTARO