サッカーは英語で「soccer」なのか「football」なのか


child-613199_960_720

 

2018年のFIFAワールドカップ ロシア大会がスタートし、サッカーに関するニュースを耳にする機会が一気に増えてきましたね!

 

日本とワーキングホリデー協定を結んでいる国の中にも、ドイツ、アルゼンチン、オーストラリア、イギリスなど、サッカーの強豪国が多数含まれています。

 

そんなサッカーの話題をするときに気になるのが、サッカーは「Soccer」なのか、「Football」なのか、という点ではないでしょうか。

 

実はこれ、地域によって使われた方が異なっているため混乱を生んでいるんです!

 

■ 「Soccer」と「Football」

 

元々イギリスにはたくさんの「Football」競技があり、これが一つに統合された結果現在のサッカー「Association football協会式サッカー)」が完成したと言われています。そのため、イギリスをはじめとするヨーロッパ圏では今でもサッカーのことを「Football」と呼んでいます。

 

一方アメリカでは、この「Football」が別のルールで定着していきました。それが今でいうところの「American footballアメフト)」です。アメリカやカナダなどの北米圏では、アメフトとサッカーの混同を避けるため、アメフトを「American football」、そしてサッカーを正式名称である「Association football (協会式サッカー)」からもじって、「Soccer」と呼ぶようになったと言われています。

 

日本にはアメリカ経由でサッカーが伝わったため、日本でも「Soccer」の呼び方が定着しているわけですね。

 

 

■ まとめ

結局のところ、「Soccer」と「Football」のどちらを使っても意味は通じます。ただ、混乱を避けるためにも相手の使う言葉に合わせて使い分けるのがいいでしょう!

 

日本ワーキング・ホリデー協会

KOTARO