フライドポテトは英語で「french fry」!


みなさんは「フライドポテト」のことを英語で「french fry」と言うことをご存知ですか?

heknzhyp

 

意外と知られていませんが、「フライドポテト」は和製英語で、日本人以外には通じません!アメリカ・カナダでは「frech fry」、イギリス・オーストラリアでは「chips」と呼ばれています。

 

では、ここからが今回の本題です!
正しいスペルは「French fry」でしょうか?それとも「french fry」でしょうか?

 

正解は……
french fry」です!

 

一般的に食べ物の名前の中に国名や市名が入っている場合は、その国名の最初のアルファベットを大文字にします。日本で有名な「カリフォルニア巻き」なんかは「Californian roll」と訳されますし、「ラーメン」なんかも「Japanese or Chinese nooldle」となります。

 

ではなぜ「french fry」は大文字にならないのか?

 

これは、独特なじゃがいもの切り方のことを「french」と言うのであって、別にフランスが発祥なわけでもなく、「フランス風」といった意味合いでもないので大文字にする必要がないんです。

 

ちょっとした豆知識なので、是非お酒の席で話のタネにしてみてくださいねw