間違ったMaybeの使い方!


yes-238371_1280

 

日本人が海外でよく使う英語フレーズ。その中には多用するとあまりいい顔をされないフレーズもあります。

 

その中の一つで、特に有名なものが「Maybe」です!

 

Maybeは直訳すると「たぶんね」という意味。日本人は「多分ね~」という受け答えが多いので、海外だと、本当に無意識にMaybeを使っています。

 

例えば、「Are you coming to the party tonight?あなたは今晩のパーティー来るの?」と聞かれた時、その返事として「Maybe I’ll go.」と答える日本人はすごく多いです。

 

こちらとしては「多分行くよ~」的なニュアンスで使っているのですが、外人的には「なんで自分のことなのにはっきり分からないのよ!」とイライラすることも多いんだとか。

 

それもそのはず、「Maybe」には元々「自分がコントロールできないことを推測する」といったニュアンスがあり、会話の中で使うと「自分の意思がない」と受け取られてしまうからなんです。

 

なので、会話の中では自分の意思をはっきりすることが大事!

 

多分行くよ~」と言いたいのであれば、どれくらいの確率で行けるのかに応じていい分ける必要があります。

 

90%くらいの確率で行くのであれば「I’m almost sure I will go to the party
70%くらいの確率なら「I’ll probably go to the party
50%くらいの確率なら「I might go to the party

 

ちなみに上記3つを和訳すると、すべて「多分行くよ」です!日本語の「多分」がどれだけあいまいな表現かわかりますね~w

 

=====

 

そしてMaybeの正しい使い方はこんな感じ。

 

Maybe it going to rain tomorrow多分明日は雨ね

 

Maybe he was really busy多分彼は忙しかったんだろう

 

2つとも「自分の意志ではコントロールできない状態」を推測していますね!

 

英語は意外と奥が深い!
日本語の多分とMaybeを同じ感覚で使わないように、気をつけましょうね!

 

 

written by 日本ワーキングホリデー協会

KOTARO