世界中の心を動かす!プレゼンテーション英語フレーズ


753c4tex

 

やりましたね!東京!2020年夏季五輪開催都市に見事東京が選ばれました。

連日ニュースで報道されているので、知らない人はいませんよね??w

 

そして、そのニュースと同時に話題になったのが、IOC委員の心をがっちり掴んだとされる日本の最終プレゼンです。

 

日本ではプレゼンテーションをする機会が少ないですが、海外ではかなりの頻度でプレゼンテーションスキルを求められる機会が出てきます。

 

そこで、今回はプレゼンテーションの時に役立つキーフレーズをご紹介します!

 

■最初の挨拶

 

最初の挨拶は、皆さんが思っている以上に大切!どれだけ視聴者の心をつかめるかは、プレゼンテーションの挨拶にかかっています。ちょっとしたフレーズを付け加えるだけで、大きく印象を変えることが出来ますよ!

 

“For those of you who don’t know me, My name is ***.

初めてお会いする方もいらっしゃるかと存じますが、私は***と申します。

 

“I’m very glad to be here today”

今日はここに来れて大変嬉しく思っています。

 

“I would like to thank you for your time today.”

お忙しいところ、お時間を頂き、有難うございます。

 

“Now, let us begin.”

それでは、始めましょう。

 

 

■ポイントは3つに分けよう

 

こちらはプレゼンテーションの構成についてのお話になりますが、海外でのプレゼンテーションは、基本的に3つのポイントに分けて説明するとよいと言われています。

 

実際3つのポイントに分けることで文章も作りやすくなりますし、何より相手も何が重要なのか理解しやすくなります。

 

“The purpose (subject / theme) of my presentation today is to talk about ~.”

本日私がこのプレゼンテーションでお話させて頂く内容は~

 

“I’ve divided my presentation into three (main) parts.”

(主として)3つのポイントに分けてお話しさせていただきます。
“First of all, … / Secondary… / And finally…”

最初に、… / 2つ目に… / そして最後に…
“Let’s move to next topic”

次のトピックに移ります。

 

 

■締めの一言

 

最後は「それでは終わります」などの簡潔な言葉より、相手に対して「聞いてくれてありがとう!」という気持ちを伝えましょう!

 

“Thank you all very much for your attention. We would like to close our presentation. If you have any questions, we would be happy to answer them.“
これまでご静聴ありがとうございました。これで終わります。何か質問などありましたらどうぞ。

 

==========

 

その他にも、海外のプレゼンテーションでは、「笑顔を絶やさない!」「動きを大きく!」「感情を込めて!」など多くの大切なポイントがあります。

 

日本人は遠慮・謙遜しがちなので、プレゼンテーションに向いていないと言われています。

 

でも、そんなことはありません!しっかり指導を受けて練習することで、IOC委員から大変高い評価を受けた安部首相の様に高いプレゼンテーション力を身に付けることが出来ます!

 

せっかく海外で勉強するなら、海外でプレゼンテーションについても学んでみませんか??

 

 

written by 日本ワーキングホリデー協会

KOTARO